いつ地震がきても安心

住宅

コンクリートでも木造でも

日本は地震が多い国で、いつ起きてもおかしくありませんし、どこに住んでいても被害にあわないとは限りません。なので、安心して住むためには地震に強い家を建てることが大切です。まず、地震に強い家を建てるためには、どのような地盤に建てるのかが重要になります。柔らかい地盤では、地震が起こると地盤が歪んでしまうため、家が倒壊しやすくなります。なので、地盤が固い場所を選ぶか、杭をしっかり立てます。また、地震に強い家とはシンプルな構造になります。角が多い家よりも、四角になっている家の方が地震に強くなります。また、1階部分が車庫などで壁が少なくなると倒壊しやすくなります。窓の面積は大きいものよりも小さい方がいいですし、窓の設置が四方向に平等に配置すると地震がきても歪みにくくなります。木造よりも鉄筋コンクリート造りの方が地震に強い家になりますが、コストも高くなります。また、木のぬくもりのなかで住みたいという人も多いですし、木造の方が自由に設計できるので好みの間取りになります。また、木造の方が開放的に風を出し入れできるので、蒸し暑い夏も快適に過ごしやすいです。木造建築で地震に強い家にするには、柱と柱の間に筋交いで補強材を入れる方法がとられます。また、2×4工法ならば面で衝撃をやわらげてくれます。現在はまだまだ高額ですが、家の基礎の部分に免震構造を取り入れる方法も採用されています。免震構造は地面と家をわざと離すことで家自身に揺れを伝えないものです。

Copyright© 2017 注文住宅でマイオリジナルをつくろう〜住環境をGOODに〜 All Rights Reserved.